体験レビュー一覧コラム一覧

≪当サイト人気記事TOP3≫

【40才からの花粉症】これって風邪?それとも花粉症?~花粉症は突然やってくる~

(この情報は記事掲載時点のものです。お知らせなく変更される場合があります)

スポンサーリンク

花粉症はある日突然やってくる

花粉症はある日突然発症することがあるので、誰にとっても他人ごとではありません。まずは今のあなたの症状は「風邪」?それとも「花粉症」?

症状チェックリスト

◆くしゃみが立て続けに出る
風邪のくしゃみは3~4回程度。7回、8回と続くようなら花粉症の可能性があります。
◆目、のどが痒い
この症状は風邪とはもっとも違います。痒みのある目やのどは炎症を起こしているということなので、花粉症の可能性があります。
◆サラサラの鼻水が止まらない
風邪の引き始めもこのような鼻水が出ることもありますが、花粉症の時期に何日間も続けば花粉症の可能性があります。
◆ひどい鼻づまり
風邪の鼻づまりは、片方の鼻の穴だけが詰まることがほとんどです。症状が重く、両方同時に詰まってしまうようなら花粉症の可能性があります。

いかがですか?花粉症は最初は「風邪かな?」と思う人も多いのです。以上のチェックリストを参考にして、症状が重いようなら耳鼻咽喉科・眼科・内科などを受診してみましょう。

花粉症にならないための対策と症状を和らげる方法

自律神経を整える

自律神経のバランスを整えると花粉症の症状は出にくいと言われています。花粉症をはじめとするアレルギー症状は本来は有害ではない物質(花粉など)に対してあらわれる過剰な免疫反応です。そうした症状を出さないようにするためにはまず「自律神経のバランスを整えること」が重要です。
≪「副交感神経」と「交感神経」をしっかり切り替える≫
◆しっかり朝日を浴びて朝食を摂ること(副交感神経⇒交感神経へスイッチを入れる)
◆日中は軽い運動・頭を使ったりして活動する(交感神経を働かせる)
◆夜はゆっくりお風呂に入る(交感神経⇒副交感神経へ切り替える)
ぬるめのお風呂に入ったり、ゆっくりリラックスすることで副交感神経が優勢になり、よく眠ることができます。質の良い睡眠は免疫力をUPさせます。

ハーブティの蒸気を吸う

ペパーミントのハーブティを淹れ、カップを鼻に近づけて蒸気を吸うと鼻がすーっとして花粉症の症状がやわらぎます。

鼻うがいをする

1.25~30℃のぬるま湯500mlに食塩4.5gを溶かして生理食塩水を作る。
2.1.の生理食塩水をコップに入れて片方の鼻の穴を押さえ、もう片方の鼻の穴からゆっくり吸い込みます。
3.口から吐き出します。反対の鼻の穴も同様に。慣れるまではそのまま鼻から出してもOKです。

1日1~2回を目安に。やりすぎると鼻の粘膜に負担がかかり逆効果となるので気を付けましょう。
鼻うがいがやりにくかったら「蒸しタオルで鼻のつけ根を温める」だけでも花粉症の症状が楽になりますよ♪

◆楽天市場◆鼻洗浄専用液あります!

【小林製薬】 痛くない鼻うがい ハナノア 【専用洗浄液】500ml

価格:635円
(2017/11/9 07:48時点)


◆Amazon◆

ハナノア 痛くない鼻うがい 専用洗浄液 たっぷり500ml(洗浄器具なし)

新品価格
¥599から
(2017/11/9 07:50時点)

まとめ


免疫力が低いほど病原体は身体の奥に侵入します。鼻や口から入った病原体は「気道を通り、のど⇒気管⇒気管支⇒肺へと侵入する」といわれます。免疫力を高めておけば途中で食い止めることができます!日頃から栄養バランスのよい食事をする、などして免疫力を高めましょう。
免疫力UPにはプロポリスがいいそうです抗菌作用、抗酸化作用、免疫力を高め、アレルギーに良い影響を与える働きなどがあるとされています。

≪プロポリスとは?≫

ミツバチは、菌やウィルスに弱い為、植物の防衛物質を利用し、巣を菌などの外敵から守っています。採取したプロポリスは、蜜ロウと一緒に粘土状にし巣箱の隅々まで塗り、巣の中をほぼ無菌状態に保っています。また入口などには、プロポリスのトンネルを造り、体に付いた菌が中にはいらない様にしています。ミツバチは樹液や新芽などを集め、それらを自分の類パロチン(唾液)や蜜ロウと混ぜて、ネバネバ状の物質を作ります。これを巣に持ち帰り、いろいろな用途に使用しています。
プロポリスにはフラボノイド類とアルテピリンCが含まれています。フラボノイド類は植物に含まれる成分ですが、アルテピリンCはミツバチが作り出す、プロポリスにしか含まれない特有成分です。またミネラル、ビタミン、アミノ酸などがバランス良く含まれています。
参考:武州養蜂園オンラインショップ

【PR】アレルギー・アトピー・花粉症・鼻炎でお悩みの方に「100%オーガニック緑茶」の【白井田七。茶】