体験レビュー一覧コラム一覧

≪当サイト人気記事TOP3≫

【免疫力UPに効果ある「酵素」】トマトの皮にある≪ペルオキシダーゼ≫ファイトケミカル

(この情報は記事掲載時点のものです。お知らせなく変更される場合があります)

スポンサーリンク

トマトの皮にある「酵素」ペルオキシダーゼ

トマトという野菜は有名なのでほとんどの方が知っていると思いますが、この「トマト」の皮にあるペルオキシダーゼは、植物の中で病気への感染防御に関与していると考えられているそうです。また、わたしたちの体の中で免疫力を正常化する働きをしてくれるのです。がんやウイルス性の病気からだけでなく、花粉症などのアレルギー症状の改善が期待できる酵素です。

「免疫反応」を整える

わたしたちの体には病気を引き起こす危険性のある異物に対し、その異物の対抗する「抗体」という物質を作って異物(抗原)を排除する、という働きがあるのですが、そのことを「免疫反応」といいます。この働きは正常に働けば大切な防御機能なんですが、病気を引き起こす危険性のないものにまで過剰に反応した場合「アレルギー反応」となってしまいます。この逸脱を整える働きが「酵素」ペルオキシダーゼにはあると考えられているそうです。果肉の部分に含まれる抗酸化成分リコピンと一緒に取ることで相乗効果が期待できる、といわれています。

熟したトマトを食べよう

「酵素」ペルオキシダーゼを効率的に摂るには実は「熟したトマト」がいいそうです。果肉の中の酵素やビタミンCは熟れていないトマトの方が豊富なのですが皮にあるペルオキシダーゼは熟すほど増えるのです。しかも、皮に傷ができているとそこを修復しようとペルオキシダーゼを増やそうとする現象が起こるとのこと。
目安として1日に中玉1個以上を実と一緒に生で食べることを心掛けてみてくださいね。ちなみに大根にもペルオキシダーゼは含まれています。花粉症などアレルギー体質の方にはおススメの野菜ですよ。