サイト内体験レビュー一覧

≪当サイト人気記事TOP3≫

【低体温を改善する方法と効果≪40代からの「温活」の勧め≫】現代人が悩む「冷え」ってなに?

(この情報は記事掲載時点のものです。お知らせなく変更される場合があります)

「温活」とは日頃から体を温めて基礎体温を上げることでつらい冷えを改善し、健康体になろう!という活動のことです。体温が低いと「冷え」「むくみ」「肥満」「免疫力の低下」などなどの不調を引き起こしてしまいます。いま、体温が35℃台の人が増加しているということです。35℃って・・・低いですよね?

スポンサーリンク

「冷え」の原因【むくみ】をとる方法

これは「マッサージ」することです。むくみのある部位をマッサージしましょう!
マッサージオイルを使うとすべりよくマッサージできますよ♪


マッサージの効果を十分に上げるために、はじめに主なリンパ節をほぐすようにしましょう。
特に大切なリンパ節は「鎖骨のリンパ節」です。全身を流れるリンパ液のほとんどが左側の鎖骨のリンパ節を通ってか ら心臓に戻るので、鎖骨のリンパ節は体内のリンパ節のうちでもっとも重要なポイントです。 他のリンパ節を意識してマッサージを行っても、この鎖骨のリンパ節をキレイにしておかないと、リンパ節はスムーズに流れません。
公式サイトへ⇒【群馬県】猿ヶ京温泉の旅籠屋丸一では「ナチュラルアロママッサージオイル」購入特典としてマッサージのやり方の小冊子プレゼント中です!

体を温める食べ物を摂ろう!

体を温める食べ物

色味としては赤・橙などの暖色系のものが体を温める食べ物です。
人参・根菜類など

体を冷やす食べ物

色味としては青・紫・白などの寒色系のものが体を温める食べ物です。
パイナップル・グレープフルーツなどの果物・大根・夏野菜など

まずは「しょうが」を摂ろう!

からだを温める薬味として有名なのは「しょうが」ですね。
あたため成分が4倍!おススメです
2017年07月26日 雑誌「婦人公論」8月号に金時しょうが粒が紹介されました。
公式サイトへ⇒温活には生姜商品専門店 サンワ食研の「金時しょうが粒」

また、朝食に「体を温める食べ物」を摂るようにしましょう。「※しょうが湯」を習慣にするのもいいですよ。朝から血行を良くすることは大事です。また、「体を温める食べ物」を食べていればよいというものではなく、基本は「バランスの良い食事」をいうことが重要です♪

高知県産の乾燥生姜を使用したしょうが湯《温効生姜(おんこうしょうが)》

《おススメのポイント・3つの特徴》
1.なまの生姜を独自の製法で乾燥し、温め成分ショウガオールが375倍に増えた乾燥生姜を使用。
2.砂糖は使用せず、カロリーはたった2.3kcalと、糖尿病の方も安心してご利用できます。
3.ローヤルゼリー・コラーゲンを配合し、からだの調子を整えます。

女性の約7~8割が、冷えを感じています。
生姜専門店の「温効生姜」は、5つの厳選した成分(国産の乾燥生姜、柚子、ローヤルゼリー、コラーゲン、羅漢果)で作られています。また保存料や着色料は一切使用しておりませんので安心して摂ることができます。

【口コミ】年中寒くて辛かった (30代女性 Kさん)
学生のときは寒さもあまり感じなかったのですが、年齢を重ねるごとに寒さに弱くなり、年中寒くて特に冬にはタイツの上に靴下を履いたり厚着をしたりとにかく寒くならない格好ばかりしていました。
これではいけないと、インターネットで体がぽかぽかになるものを探していたら乾燥生姜が良いと出ていて、温効生姜を見つけて購入してみました。量が少ないのに、飲んですぐに体がぽかぽかになるのを実感。カロリーが少ないのもうれしいし、これは続けて飲もうと定期購入に申込みました。
現在は以前のような寒がりではなくなって、快適な毎日を過ごしています。

温活には朝、目が冷めてまず1杯の「しょうが湯」の習慣から始めましょう!
口コミ掲載中。公式サイトへ⇒高知県産の乾燥生姜を使用したしょうが湯《温効生姜(おんこうしょうが)》

ヒートショックプロテインを増やす入浴を!

ヒートショックプロテイン(HSP)とは

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質のこと。また、免疫細胞の働きを強化したり、乳酸の発生を遅らせるなどの力も持っています。つまり、カラダにとってはとてもありがたい存在で、HSPが増えることは、「カラダを元気にする」ことにつながっているのです。
ヒートショックプロテインで元気に!(株)バスクリンHPより

入浴方法

お湯は肩まで
お湯の温度は40~42℃
≪目安≫
40℃で20分
42℃で10分

風呂上がりに10~15分保温する!
体調に気を付けて行うこと。週2回ほどでOKです。

入浴剤を使って効率的に!

わたしが選んだのはこちらの入浴剤。この時は次回500円割引のクーポンも付いていました。医学博士 山田朱織先生が監修した【薬用入浴剤 DRアロマバス 正眠】です。残り湯はお洗濯にも使えるので経済的なのも選んだ理由の一つ♪


からだも温まるしよく眠れます!医師との共同開発により誕生した、ハイパープランツ【薬用入浴剤DRアロマバス】は、オーガニックグレードの天然エッセンシャルオイルを配合した薬用入浴剤です。
◆共同開発医の山田朱織先生です。メディアでも良く見掛ける「枕」の指導などもされている先生ですよ。

いろんな種類があります。新規会員登録で現在500円クーポンが貰えます!

公式サイトへ⇒医師との共同開発により誕生した【薬用入浴剤DRアロマバス】

まとめ

わたしの周りにも体温が通常35℃台の人はいますが、37℃になるとかなりしんどいそうです。普段が低いのでそれくらいでつらいとのこと。37℃って赤ちゃんや幼児なら普通のことですよね?
体温35℃台に慣れてしまっていたら大変です。それは異常なことなので是非「温活」して体温を上げていきましょう♪