【虫歯治療体験談≪抜歯≫】30代・40代は歯の曲がり角?!~「古い詰め物が取れただけ」を甘く見てこんなことになるなんて

(この情報は記事掲載時点のものです。売り切れやお知らせなくページ変更される場合がありますのでご了承ください)

今回は、30代女性Yukoさんの虫歯体験談をうかがいました。

Yuko

わたしの虫歯体験談です。ちょっとの怠慢がとんでもないことになってしまいました。
よろしければ参考にしてください。

スポンサーリンク


ある日突然歯の詰め物が取れました!ちょっとの怠慢がとんでもないことに

よく歯の詰め物が取れてしまう話を聞きます。
また、その場合は出来るだけ早く処置してもらうようにしましょう、とも。

それをわかっていながら、つい多忙にかまけて放置していて・・・
とんでもないことになった経験談です。
歯に詰め物がある方もそうでない方も、こんなことがないように気を付けて頂くために、読んで頂けたら幸いです。

わたしは元々、歯並びが悪く、そのせいで虫歯や歯周病になりやすい方でした。

すでに小さな頃から、親の間違った知識で就寝前のホットミルク代わりにまったり甘い乳酸飲料のホットカ〇ピスを与えられ、虫歯だらけになった乳歯のために子供専用の歯医者さんに通っていたほどでした。

その後に乳歯が永久歯に生え変わってもなぜか虫歯とは縁が切れず、また当時、審美歯科の考え方はほとんど出回っていなかったので、私の口内のあちこちには銀色の詰め物部分や被せ物がただ乱雑に作られ、そのまま数十年放置されて、現在に至ります。

わたしの「歯医者嫌い」が今回の災いでした

虫歯や歯周病になりやすかったわたしは、子供の頃からの歯医者通い、成人になってからも八重歯の抜歯、親知らずのためにできた口内炎の治療、さらに遅ればせながらの親知らず4本中3本の抜歯など、歯医者へ行くことに辟易してしまっていました。しばらく行かずにいた間にかなり歯石がたまっていたり歯が変色していたりして、また歯茎もあちこちが赤くなっていたりと、口の中を見せるのが恥ずかしくなっていたのもあり、「歯医者に行く」ことからから遠のいていました。

そんなある日、相当古く、もう〇十年ぐらいになると思われる歯の詰め物が取れてしまったのです。

ガムを噛んでいました。
一応、歯のことを考えて、虫歯になりにくいという触れ込みの、キシリトール入りガムでした。

突然、口の中で硬い異物が転がり出した感触を得て、
「あ、これは、ひょっとして・・・」
と、子供の頃からの経験をもとに、いやな予感が脳裏を横切り・・・。
そして、それは的中。
奥歯のひとつにあった金属の詰め物が、ガムの粘着力で取れてしまっていたのでした。
子供の頃、ヌガーキャンディを食べていて初めてこの体験をし、それ以来、家ではヌガーキャンディ禁止令が発令されていましたが、まさか粒ガムを噛んでいて、こうなるとは・・・・。まあ確かに、一粒だけでなく何粒かまとめて口にほおり込んではいましたが。

口の中から取り出したそれは虫歯の中心に詰めていたもので、小片ながら、やけにずっしりとしているのは、合金製だからなのでしょうか。奥歯の方を舌で触れてみると、まるで火山の火口のような形で、エッジはびっくりするほど鋭いままです。

こうなった場合、通常ならすぐに歯医者に行って、その詰め物をまたしっかり元の位置にはめ込んでもらうか、あるいは新しい詰め物で蓋をするものなのでしょう。
しかし、「歯医者嫌い」のわたしは、ついつい1か月・・3カ月・・・半年と先延ばしにしつつ、結局、一年以上も放置したままになり、もうそのままで問題ないんじゃないかとまで思い始め、そうして、さらにそのまま月日は流れていきました。

何の前触れもなく、突然起きた鈍く重い痛み

詰め物がとれたまま一年以上も放置していたわたしの口内に何の前触れもなく、突然「鈍く重い痛み」が!
しかも、瞬間的でなく、一度感じ始めてから、その鈍く思い痛みはずっと続きました。

きっと、いつもの口内炎に違いない・・・

そう必死で思い込み、一夜がまんしてみました。
朝になれば、痛みが和らいでいることを期待しながら。

なのに、次の日も痛みの感触はまったく同じままでした。
しかも、痛みは歯茎というより、顎骨から伝わってくるようです。
そしてそれは、例の詰め物が取れた歯をほぼ中心にしていました。

もう、間違いない・・・
自然治癒で済ませられる口内炎かもしれないという淡い期待を、もうそれ以上持ち続けるのは愚行だと思わずにはいられないほど、痛みは徐々に強まってきます。
日ごろ市販薬は絶対に口にしない私が、家の中のどこかにあるかもしれない鎮痛剤を探し始めるほどでした。

タクシーで乗り付けた歯科医院に飛び込み診察・・・その結果

次の日には、歯科どころかどんな医療機関にもかからず、ここ10年以上いつも自力で何とか自然治癒させていた私が、タクシーで乗り付けた歯科医院に飛び込んでいました。

いつものように歯を削る音が怖いだのと思っている余裕すらなく、ともかくこの一度の診察ですぐにこの激痛がなくなっていてくれれば、きっと今回だけ我慢すれば、帰るころには歯痛の元は処理されているはず・・・頭にあるのは、ただそのことのみでした。

状態を説明し、口の中を見てもらうと、すぐにどこが悪くなっているか見て取れたようで、すぐに治療が始まりました。
やれやれ・・・
そう、安堵したのですが。
30分ほどの時間が経過して診察終了が告げられても、痛みはまだ相変わらずでした。

???

そんな私が受けた説明は、以下のとおりでした。

歯医者:「察しのとおり、詰め物がなくなった歯に細菌が入り込み、歯の根元で炎症を起こしています。通常ならここで、歯の中に通っている神経の管を通して炎症元を治療するが、長期間放置していたために、その神経の管が詰まってしまっていて、奥まで炎症止めの薬剤を注入できません。
仕方ないので、抗生物質と鎮痛剤で数日しのぎ、再度の診察時にまた何とか管を通せるようにやってみます。」

ちょっと削るのを我慢さえすれば、すぐに何とかなると思っていたのに。
やむを得ず、そのとおりに薬で痛む歯を抑えつつ、約3日後に再び訪れて再試行。
これできっと、治療が進む・・・
そう思っていたのですが。

歯医者:「管が詰まりすぎていてどうやっても中を通せず、どうしようもありません。あとはもう、これ以上ひどくなる前に、抜歯するしかないです。

詰め物が外れた時はただ、また詰め物を元に戻せばいい、あるいは新しく詰め治すか被せ直す程度で済む。そう思い込んでいました。
それが、まさか、抜歯になろうとは。

あっという間の、あっけない抜歯

その歯は、最後に残った親知らず手前にある、本来は一番奥になる歯で、面積も大きくかなりしっかりした歯です。そこが、がっぽり抜かれてしまうなんて。
というよりも、例え、どの歯であったとしても、予測もしなかった抜歯宣告に、かなりなショックを受け、次回の診察までどうするか待ってもらうことになりました。
でも、そのまま抗生剤でなんとか炎症を沈められたとしても、またいつか再発するかしれず、しかも顎骨にまで炎症が伝われば、どんなことになるやもしれません。
何度もぐるぐると考えは巡り、結局次の診察時までには、やっと覚悟を決めることが出来ました。

あっという間の、あっけない抜歯。

もちろん、その後半日は痛み止めは必至、そして数日をかけ、抜いたあとの歯茎は徐々になめらかな形状と変わっていきました。

今現在は、ぽっかりと空間が残っており、今後、親知らずとその歯の手前だった歯の間にブリッジを掛ける予定です。
芯になる部分が残せていたら差し歯にできたのですが、完全な抜歯だということと、また幸い前後にブリッジを引っ掛けられるしっかりした歯があったため、ブリッジにするのがいちばん妥当ということでした。

それにしても、詰め物が外れた時にすぐに処置をしてもらっておけば、こんなことにはならなかったでしょう。
怠慢で口内トラブルを放置しておくと、とんでもない結果を招くということが、思い知らされた出来事でした。

「わたしの口内ケア」寝起きには必ず、ココナッツオイルでオイルプリング

なお、目下のところ、私が口内ケアに使っているのは以下のものです。
•天然素材のみの歯磨き粉(オーロメアが特にお気に入りです)
•一番やわらかいタイプの歯ブラシ
•歯間ブラシ
•口内洗浄器

そして寝起きには必ず、ココナッツオイルでオイルプリングをします。
ココナッツオイルによるオイルブリングは、口内に繁殖した細菌やそれらが産出した有害物を吸着して体外に出す、ココナッツオイルに含まれているラウリン酸と唾液が反応することで抗菌作用があるらしく、それにより歯周病や虫歯の予防になる、自然な歯のホワイトニング効果、等があるとこのことで、寝起きには必ずするようにしています。
道端ジェシカさんも実践しているそうです。


歯医者から遠のいた生活を送っていましたが歯医者さんに歯石をきれいに掃除してもらい細かくクリーニングしてもらって以前より口内環境はかなりよくなりました。
皆さんも日ごろのケアはもちろん、定期的な口内チェック、また何かイレギュラーな事態が起こった時は迷わず時を待たず、すぐに専門家に処置してもらうことをお勧めします。
執筆者:Yuko

まとめ

ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪酸は「中鎖脂肪酸」といって健康にとても良い脂質なんです。「中鎖脂肪酸」は消化吸収がよくからだですばやく燃焼するので中性脂肪が付きにくい脂肪なんだそうです。抗菌作用、抗ウイルス作用もあるのでいろんな感染症から体を守ってくれる脂質でもあります。いい仕事をしてくれるんですね。

余談ですが、このことをうかがって思い出しましたが以前、福袋に入っていたココナッツオイルの使い道がなく、結局賞味期限が過ぎて捨ててしまったことを思い出しました。もったいないことをしてしまいました。

CIVGIS(チブギス)オーガニックバージン ココナッツオイル 450ml /ORGANIC VIRGIN COCONUT OIL/オイルプリング

価格:2,268円
(2017/12/2 13:49時点)

食べるだけでなく口をすすぐことで口内環境にも役立つココナッツオイル。詳しくは医道の日本社より本も発売されています。

ココナッツ・オイルプリング 病気の予防と改善に役立つやさしい健康法

価格:1,944円
(2017/12/2 13:47時点)

ココナッツオイルでオイルプリングで改善の効果が期待できる疾患・症状(『ココナッツ・オイルプリング』より)

慢性疲労 口臭 糖尿病 アレルギー 喘息 にきび 湿疹 皮膚炎 関節炎 気管支炎 副鼻腔炎高血圧 腰痛 不眠症 片頭痛 消化性潰瘍 大腸炎 クローン病 便秘 月経前症候群

「ココナッツ・オイルプリング」はインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」を起源とした自然療法で、現在はアメリカを中心に海外でも多くの人が行っている習慣なのだとか。わたしもこれを機会に始めてみようと思います♪

今回の体験談を寄せてくれた方:30代女性Yukoさん
歯医者が嫌いです!
今回のことを肝に銘じてこれからはもっと気を付けようと思っています。