【不眠や更年期障害も解消】40代「セロトニン」を活性化させる効果と方法

(この情報は記事掲載時点のものです。売り切れやお知らせなくページ変更される場合がありますのでご了承ください)

美白を目指す!とか言って過度に太陽を避ける生活していませんか?確かに太陽の日を浴び過ぎるといけませんが適度に浴びることは重要です。日光を浴びると私たちの体内である程度つくり出せるビタミンDはカルシウム吸収にとても重要な働きをします。また、太陽の光によって視神経が刺激されてセロトニン神経が活性化されます。

「セロトニン」は自律神経の調節、筋肉への働きかけ、心のバランスをとる、などの重要な働きをします。別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、「セロトニン」が不足すると精神のバランスが崩れやすくなるので要注意。

また、「セロトニン」は夜になると他の物質と化学変化を起こして「メラトニン」というホルモンに変わります。この「メラトニン」は睡眠を促し脳と体を休ませる働きをします。時差ぼけの解消にも役立ちます。
つまり、セロトニンを活性化させるということ=精神の安定、不眠症の解消に役立つのです。更年期障害に悩まされる40代以降には、大事なホルモンなので是非活性化させましょう!

スポンサーリンク


太陽の光を浴びてセロトニンを活性化しよう!

ただ浴びるのではなくコツがあります。毎日1回は行いましょう。

1.朝ごはんを朝日を浴びながら食べる

部屋の窓を置けて朝日を部屋に入れて朝ごはんをよく噛んで食べること。よく噛むということもセロトニン神経を鍛えてくれます。寝起きの悪い人にも効果的ですよ!

2.リズムを意識してウォーキングする

太陽の日を浴びながら、5分以上30分以内のウォーキングをします。太陽の下で規則正しいリズム運動をするとセロトニン神経が最も活性化されるそうです。1,2,1,2・・・とリズムよく。
ウォーキングに並び、ヨガや気功も同様の効果があるそうです。

話題のホットヨガスタジオです。公式サイトへ⇒★日本最大級!ホットヨガスタジオLAVA★

まとめ

最近運動していないな・・・と気付きました。きっとそういう方は多いと思います。毎日の生活の中に習慣として「運動するということ」を入れていないときっとダメなんだと思うのです。仕事に出掛けるなら出勤手段の中に「ウォーキング」を入れてみる、とか。
健康が一番の基本。それに伴っていろんなアンチエイジングが可能となるのですから、40代、まずは運動習慣始めましょうか♪

こんな人たちに刺激を受けました!