【からだが痩せる仕組み】中高年以降の失敗しないダイエットの3つのポイント

(この情報は記事掲載時点のものです。売り切れやお知らせなくページ変更される場合がありますのでご了承ください)

ふわり。

ダイエットからは縁遠かった中高年アラフォーでしたが、健康診断の結果を受けて、やっぱりダイエットしよう!と思い立ったアラフォー大人女子「ふわり。」です(*^^*)

今までの自分のダイエットは的外れだったのではないか・・・と思い、いろいろまとめてみました。ダイエットに興味のある方は、よろしかったら一緒に参考にしてください。

スポンサーリンク


「ダイエット」に対する勘違い

ダイエット成功=体重が減る、ということではありません。例えば、トイレに入る前と出た後で体重が減ったとき「ダイエットが出来た」のではなく「からだの老廃物が一時的に減った」だけです。
ダイエットとはからだの中の「余分な脂肪」を減らすこと、なんです。

そんなこと知ってるよ~!と思いますよね。でも、言葉で表すのは簡単ですが、一度ついてしまった余分な脂肪を減らすって大変です。
「ダイエットは簡単ではない」
だからこそダイエットに失敗する人もたくさんいるんです。

最近太ってきたから運動しよう!!と思い立って、がむしゃらに運動して次の日にへとへと、なんてことありませんか?・・・それはわたしです(笑)

そんな素人ダイエットを始める前に一緒に「痩せるしくみ」を確認してみましょう!

からだが痩せる仕組み

「若いときはちょっと太っても簡単に体重が戻ったのに・・・」という中高年(40代以降~)の方のお話をよく聞きます。
そうなんです。ダイエットなんて簡単よ~、と思っていざ取り掛かってみると思うように体重が減らないんだけど。。。

「なんで?」と思いますよね。それには「からだの基礎代謝量」が深く関わってきています。

【基礎代謝(きそたいしゃ)とは?】
基礎代謝とは、生きていくために最低限必要な生命活動、つまり内臓を動かしたり体温を維持するなどに使われるエネルギーです。
1日の総消費エネルギー=基礎代謝(約70%)+生活活動代謝(約30%)
( 参照:CLUB Panasonic(クラブパナソニック) ダイエットナビ

男性と女性でも違いますし、生活活動強度(あまり動かない人・良く動く人)によっても違ってきます。また、年齢によっても変化します。中高年以降は基礎代謝量が減るのでそのままでは痩せにくくなっているんです。
基礎代謝とは

そこで重要なのが「基礎代謝の中で、最もエネルギー消費が多いのは筋肉」だということです。
つまり「筋肉量を増やす=基礎代謝量が増える」ということになります。筋肉質の人は基礎代謝量が多いため、「たくさんカロリーを摂っても筋肉量の少ない人より太りにくい」のはそういうことが理由なんです。
ダイエットのために運動しなさい、というのは「痩せるから」という訳ではなく、「筋肉量を増やして基礎代謝量を増やそう!」ということなんですよ。

ちなみに65㎏の人が週3回60分ランニングした場合

(1kgの脂肪燃焼に必要なカロリーを7200kcalとして)

60分のランニングを週3日続けても1か月での体重は1㎏も減りません。ランニングって60分したらもうへとへとですよ。鍛えている人ならまだしも、急に始めたら、頑張りすぎたりして、ひざを痛めてしまったりしまいがちです。そんなことになったらダイエットどころではありませんよね。わたしも最近200m走っただけで息が上がって大変でした・・・(泣)ランニング後についビール、とか、ご飯を食べすぎた~、とかになるとかえって増えちゃうかも(笑)

つまり、ランニングで体重を減らす効果よりもランニングによる筋肉量の増加で基礎代謝量が増えることの方がダイエットには重要なんです。

ちなみに、運動でやせるには「アスリート並みの運動量が必要」とも言われているんです。普通の人が行うには無理がありますよね^^;

ダイエットに成功する3つのポイント

1.意識的に体を動かす

無理に過度な運動をする必要はありません。

・一駅早く降りて歩く
・エレベーターを使わずに、階段を使う
・家事をしながらストレッチ

ポイントは「早歩き」ですよ!

など。「運動する=痩せる」のではなく、「運動することによって筋肉量を増加して基礎代謝量を上げる」のが目的なんでしたよね。しかも、運動することによって血行が良くなり冷え性が改善したり、肩こりが良くなったりする効果も期待できます。運動する習慣をつける、ということはダイエットだけでなくからだ全体の健康に効果があると思います。
ハートヨガは体質改善におススメです。現在体験キャンペーン中!日本最大級・全国80店舗以上のホットヨガスタジオです。公式サイトへ⇒ホットヨガ LAVA

2.摂取カロリーを1日200~300kcal減らす

「体重が増える=消費カロリーより摂取カロリーが多い」ということは誰でもわかります。
やはり外せないのが、摂取カロリーを減らすことです。
ただ、急激に減らすと、あなたのからだが危険を感じ消費カロリーを減らすようになってしまったり、リバウンドを引き起こしてしまう、などデメリットがあります。

とういうわけで、1日「200~300kcal」減らすのが一番効果的だといわれています。
ではなにを減らせばいいのか?
ポイントは「糖質」と「脂肪」です。
しかし、それぞれからだを作る大事な栄養素ですから全く摂らない、ということではありません。白米を玄米、雑穀米にするだけでもOKです。清涼飲料水をお茶に変えるだけでOKです。ファンケルの発芽米お試しセットが手軽に使えてお得なので人気です。

もし、あまり体重に変化がないようならば「様子を見ながらもう少し量を減らしてみる」などしてみるといいですね。

3.ストレスを溜めない

ストレスを感じると「代謝を下げるホルモン(コチゾール)」が脳から分泌され、脂肪を溜め込みやすい体質になってしまうそうです。コチゾールはセロトニンやインスリン、成長ホルモンの分泌を抑制する働きがあるので、からだの代謝を悪くしてしまいダイエットに悪影響を与えるといわれています。

「ストレス太り」なんていう言葉がありますが、どうやら気のせいではないようです。また、急激なダイエットによるストレスで暴飲暴食してしまう・・ということもありますから、本末転倒にならないようにストレスをうまく付き合いながら無理のないダイエットをするようにしましょう。
ハート楽ちんダイエット体験レビュ⇒履くだけで効果あり!の「リンパマッサージセルライトスパッツ」履いてます

まとめ

今まで行ってきたダイエットがなかなかうまくいかない、という人も「からだが痩せる仕組み」を理解すれば今よりはダイエット成功に近づくのではないでしょうか?
ただ、10~20㎏以上など、本格的にダイエットしたい!という人はプロを頼るのが一番の近道だと思います。TVのCMでもおなじみの結果にコミットする「RIZAP(ライザップ)」はマンツーマンで管理してくれるので成功しやすいと思います。ダイエットは自己管理ですからね。これが出来ない人はプロに頼るのが一番です!以前、≪RIZAP(ライザップ)スープセット≫を貰ったのですが、それをきっかけに、「RIZAP(ライザップ)」のスタッフとお話ししたりして、とても身近に感じています。最近これを夕食にしてカロリーを抑えたりしています~ハート

ふわり。

ジムに通うのはちょっと・・・と思っている人でも、「ライザップ」が自宅に居ながら実現可能になるRIZAPスタイルという超減量プログラムも出ていますので、おススメですよ。RIZAPスタイルはお家でできるトレーニングセットですが、電話でのカウンセリングもしていただけるのでまるでパーソナルジムに通っているくらいのフォローがあるんです。

同じくCMが印象的なファンケルでは、大人のカロリミット限定ケースセットも出ています。使いやすそうですね^^!

なりたい自分(スタイル)を思い描くと、ダイエットは成功するのではないでしょうか。