体験レビュー一覧コラム一覧

≪当サイト人気記事TOP3≫

【男性が原因の不妊も増加!】40才からの自然妊娠と不妊治療の現在~二人目不妊も

(この情報は記事掲載時点のものです。お知らせなく変更される場合があります)

子どもを持つことだけが目標ではありませんが、デリケートな問題であることは間違いありません。TVなどでも心無い発言が取り上げられたりして話題になりやすいですよね。1人目が自然妊娠出来ても、2人目がなかなか出来ない・・・なんていうこともよく聞きます。

スポンサーリンク

40代で初めて気付く「赤ちゃんが欲しい」

20代で正社員でしっかり働き始めて、30代になって責任のある仕事をするようになってやりがいを持って働きバリバリして気付いたら40代目前。ふと、「子供が欲しい」という想いが湧き始める。
タレントのいとうあさこさん(現在40代なかば)も40代入ったころすごく子供が欲しい!と思っていた時期があったそうです。

ふわり。

わたしは妊活とは関係なく、カフェインが気になるときにノンカフェインのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」を飲んでます!(妊娠中だから・・・、カフェインが苦手、夜コーヒーを飲んだら寝られない!という方におススメ!)

40代で自然妊娠できる確率

男性と違って女性は妊娠ができる期間が決まっています。
40代に入って子供が欲しい!と気付いたときやはり考えるのは「不妊治療」

女性が持つ卵子の数は生まれつき決まっていて、加齢とともにだんだん減少していき42歳ころには1/10程度に減るとも言われています。
というわけで自然妊娠の期待が出来るのはだいたい42歳ごろまでだそうです。これを過ぎても可能性は0ではありませんが45歳を過ぎると自然妊娠の可能性は5%くらいになるとのこと。
また、40代以降の妊娠は卵子の老化が原因で流産になる可能性も40%とかなり高くなってきます。第1子は自然妊娠できたけど第2子以降なかなか恵まれない・・・ということもよく聞く話です。

「妊活」と「葉酸」

ところで、妊活の際に「葉酸」という言葉、聞きませんか?
葉酸が欠乏すると、ビタミンB12欠乏と同様に巨赤芽球性貧血を引き起こします。胎児の正常な生育にも不可欠なため、母体の葉酸が不足すると、胎児の神経管閉鎖障害や無脳症を引き起こすといわれています。特に妊娠を計画している、あるいは妊娠している女性はおなかの赤ちゃんのためにも摂取が推進されているそうです。

そこで、AFCの葉酸が今話題になっているとのこと。AFCの葉酸はクチコミで話題沸騰の葉酸なんです。中間マージンをカット出来ていて、お安いのでびっくりしました。

葉酸はこんな方におススメです
・妊活中の方
・妊娠中、搾乳中の方
・日々の健康をお考えの方

本当に赤ちゃんとお母さんの事を考えて作ったから、売れています♪⇒AFCの葉酸

・元モー娘。保田圭さんのブログに紹介されました!
・元モー娘。石黒彩さんのブログ「あやっぺのぶた貯金箱」にで紹介されました!
・女性の為のサイト「ラルーン」で取り上げられました!
・テレビに雑誌、妊活中の芸能人ブログで続々紹介され、ご注文殺到中!
(Pre-mo、たまごクラブ、ひよこクラブ、初めてのたまごクラブ…)

葉酸の正しい知識とは?
葉酸には「食事性葉酸=天然葉酸」と「モノグルタミン酸型葉酸=合成葉酸」の2種類があります。
あまり知られていませんが、厚生労働省が推奨し、かつ疫学研究実証済みなのは、「モノグルタミン酸型葉酸=合成葉酸」なのです。

AFCの葉酸サプリは、この「モノグルタミン酸型葉酸」を、効果が実証されている適正量(400μg)しっかりと配合しています。

無添加は安全…?
天然・自然素材のサプリメントは、アレルギーの原因になったり、有害物質・不純物が混ざる可能性があるので、より一層の注意が必要です。

AFCの葉酸サプリは、みなさまに安心して頂けるように、原料・製造・出荷、全ての工程で徹底的にこだわっています。
中間マージンや流通コストをしているためお安く提供できています!

さらに詳しくはこちら⇒AFCの葉酸

男性にも原因がある可能性が!

「不妊」というと女性に原因があるように思われますが実は『男性側』に原因があることも多いのです。
勃起不全(ED)や射精障害、精子数の減少などの造精機能障害ということが挙げられます。

というわけで「不妊治療」には夫婦での協力が不可欠ということは当然。産婦人科で夫婦で受診することが必要なんですね。

【参考】【男の妊活Style】大人の青汁

不妊治療費助成金とは?

不妊治療による経済的負担の軽減を図るため、医療保険が適用されない治療費の全部又は一部を助成してもらえる制度です。
不妊治療にはかなり高額な費用が掛かると思っていた方がよいです。1回で妊娠できるとは限らないので何度も治療を継続しなくてはいけないとその都度費用が掛かってしまうので。
しかし、国で助成金がもらえます。(現在は満42歳までとなっているようです)
自分が住む自治体でも不妊治療費助成金があるかチェックしてみるとよいでしょう。
【例】東京都の場合

子供を持たないという選択も

以上は「子供が欲しい」ということが前提での記事ですが、「子供を持たない」という選択もあると個人的には思います。というのも、子供を産むということは義務ではないからです。「不妊治療」によって夫婦関係が悪化してしまう、離婚に至る、という話はたくさん聞きますし、不妊でなくても「子供がいなくても夫婦仲良く暮らせればいい」という方々もたくさんいます。

ある若い女性と話したときその方は
「自分がまだまだ子供なので子供のことは考えられない」
と言っていました。しっかりしたキャリアウーマンで綺麗な方でしたが、まだ結婚もしていなくて毎日100%自分のペースで暮らしている状態。

話していて、それで「正解」だと感じました。きっとこれから暮らしていく中で「子供が欲しい」と思うときがやってくるでしょう。そのときに「妊活」すればいい。赤ちゃんが生まれてしばらくは夜も昼もわからないという時期を乗り越えなくてはいけません。それを乗り越えられるのは自分の「気持ち」と「勢い(笑)」です。「子供が欲しい」という自分の気持ちが一番大事だと思うのです。

「不妊治療」は一言では解決できません。
夫婦の間の問題でもあるデリケートなこと。
いろんな形があっていいと思うし、いろんな形があると思います。
その中で自分たちが「幸せ」と感じられることが大事なことなのではないかな・・・と思いました。